毛穴開き原因

毛穴開き原因

 

顔にある毛穴の数は凡そ20万個と言われており、多少の個人差はあるものの、人によって大きく変わる事はありません。でも、毛穴の開きが気になる人もいれば目立たない人もいます。
しかし、小さな子供の頃から毛穴が開いている人はいません。でも、実は毛穴は生まれた時から、その数は一生変わる事はないのです。

 

では、何故毛穴は開いてしまうのでしょう。毛穴の開きの原因にはどんなものがあるのでしょうか?

 

■毛穴に詰まった角栓や汚れが原因

 

毛穴の開きの原因となっているのが、毛穴の汚れです。皮脂や古い角質が混じり合った角栓、チリや埃、メイク汚れの残りなどが毛穴に詰まると、毛穴は閉じる事が出来なくなってしまいます。
そして、こうした汚れをきちんと除去せずに、ドンドン毛穴に蓄積していってしまうと、毛穴もますます開いていってしまうのです。
毛穴に詰まったこうした汚れが、毛穴を押し開く為に目立ってしまうんですね。
これが毛穴開きのひとつの原因となります。

 

■過剰な皮脂が原因

 

毛穴の奥には、皮脂を分泌する皮脂腺が眠っています。皮脂腺の活動により生み出された皮脂は、毛穴を通って分泌されます。
皮脂は皮膚を守るという作用もありますが、過剰に分泌されるとその出口である毛穴を開いてしまうのです。

 

■潤い不足分が原因

 

毛穴は潤い不足により乾燥する事でも開いてしまいます。
肌の潤いが不足して、乾燥をすると肌細胞が萎んでしまいます。すると、皮膚の表面にある毛穴が引き伸ばされてしまうんですね。
そのため、潤い不足は毛穴が開いて目立って見えてしまう原因になるのです。

 

■肌のたるみが原因

 

真皮のコラーゲンやエラスチンなどが、ダメージを受けたり加齢により減少すると肌のハリがなくなってしまいます。
肌のハリがなくなると、毛穴が縦に細長く開いてしまうんですね。これは、たるみにより皮膚が下垂した事が原因です。
斜め上に肌を引っ張ってみた時に、毛穴が目立たなくなるようであれば、たるみが原因の毛穴開きです。

 

毛穴の開きは、このように複数の原因があるものです。人によっては、こうした複数の原因が重なって大きな毛穴の開きを引き起こしているケースも少なくありません。

 

質問コーナー

 

Q.年齢によって毛穴が開く原因は違ってくるもの?

 

A.年齢によって毛穴が開く原因は違ってくる事があります。若い頃は、皮脂が原因の事が多く、年齢を重ねると乾燥やたるみが原因になっている事が多くなります。
もちろん個人差があるので、若い頃から乾燥が毛穴開きの原因である事もありますし、その逆もあります。

 

Q.夏になると毛穴の開きが酷くなる気がする

 

A.夏は気温と湿度が高いため、皮脂の分泌量が多くなり、毛穴の開きが酷くなる事があります。
また、紫外線によってたるみが進行したり、エアコンにより肌が乾燥する事でも毛穴が開く事があるでしょう。
夏は毛穴の開きが酷くなる要素がたくさんあるのです。ですから、夏のケアは多方面からの毛穴アプローチが大切になります。

関連ページ

毛穴開き改善
毛穴の開きを治したいと悩んでいる人に治せる化粧品紹介サイト
鼻毛穴
毛穴の開きを治したいと悩んでいる人に治せる化粧品紹介サイト